豚コレラ防疫強化を ワクチン使用も論議 自民対策本部

 岐阜県での豚コレラ発生を受け、自民党は31日、家畜防疫対策本部(江藤拓本部長)で対応を協議した。感染拡大が止まらない中、防疫措置の強化を求める声が続出。野生イノシシへの経口ワクチン使用も論点となった。農水省はウイルス侵入防止を徹底するため、国が定める飼養衛生管理基準を順守しているかを、同県だけでなく国や他県など第三者が確認する仕組みを導入する方針を示した。
1 2

おすすめ記事

農政の新着記事

検索

e農サーチ e農サーチとは