豚コレラ 1府4県 愛知の子豚出荷で拡大 殺処分1・6万頭規模

 豚コレラの発生が6日、愛知県の養豚場で確定し、同農場から子豚を出荷していた長野県、岐阜県、滋賀県、大阪府の農場でも検査の結果「陽性」が確認された。岐阜県以外の養豚農家での発生は、昨年の9月以降で初めて。豚コレラが1府4県に拡大した。それぞれの養豚場で殺処分などが始まり、対象は計1万6000頭規模に上るとみられる。

 吉川貴盛農相は同日の農水省豚コレラ防疫対策本部で「極めて重大な局面を迎えている」と危機感を示し、「何としてもこれ以上の感染拡大を防ぐ」と述べた。まん延防止対策に全力を挙げるよう指示した。

 飼養施設で8例目の発生となった愛知県豊田市の養豚場は、6640頭を飼養していた。4日、食欲不振などの豚がいると、県に通報。5日に行った県の検査で陽性反応があり、農研機構動物衛生研究部門で精密検査したところ6日に豚コレラと確定した。同農場から半径3キロ未満の移動制限区域には養豚場はない。3~10キロの搬出制限区域には、6戸が約1110頭を飼育している。

 同農場からは今年、田原市の関連農場を含めた5府県5農場に加え、三重県の農場へ子豚を出荷していた。三重県へは1月14日に80頭を導入したのが最後で、豚コレラの陽性反応は出ていないが、その他の農場は全て陽性となった。静岡県内のと畜場に、愛知と岐阜の陽性が確認された農場から出荷があったことも分かった。静岡県は、検査については国と協議中としている。

 陽性を確認した5府県では、対策会議を開催。長野県では8例目の愛知県豊田市の農場が4日に異常通報したにもかかわらず、5日に子豚80頭を出荷していたことを明らかにした。同県は宮田村の養豚場で6日、約2300頭の殺処分を開始。岐阜県、愛知県、滋賀県、大阪府の農場でも処分を進めた。9日までの防疫措置完了を目指す。

 同省は、感染時期の特定を進める。関連農場を含めた5府県5農場は、感染経路が想定できるとして、制限区域は設けない。同省動物衛生課は、「野生のイノシシへの広がりを防ぐためにも、まずは陽性を確認した各府県の農場の封じ込めを最優先に行う」という。

 豚コレラは豚やイノシシの病気で、人には感染しない。

 大阪府で「陽性」が確認された当該農場では、5日夜から対応に追われた。農家は「とても困っている。涙が止まらない。大切に育ててきたのに」と声を詰まらせる。「今後どれだけお金がかかるのか、国はちゃんと補償をしてくれるのか。このままでは最悪廃業になる」と、苦しい胸の内を明かす。
 

官房長官 迅速な防疫指示


 政府は6日夕、首相官邸で豚コレラ関係閣僚会議を開き、感染拡大防止へ対応を確認した。菅義偉官房長官は「政府と関係自治体が緊密に連携し、さらなる感染の拡大を防がなければならない」と強調。迅速な防疫措置などを関係閣僚らに指示した。関連農場で飼育する豚の移動自粛の徹底などを進めていく方針を確認した。

 菅官房長官は、今後の対応として①迅速で徹底した防疫措置の実施②関係自治体との連携強化③消費者への積極的な情報発信──を指示した。関係省庁が連携し、自治体のニーズ把握と迅速な対応などに取り組むことを確認した。

 会議には吉川貴盛農相をはじめ、麻生太郎財務相、石田真敏総務相ら関係閣僚と、愛知県の大村秀章知事、岐阜県の古田肇知事ら自治体の首長が出席した。
 

おすすめ記事

経済の新着記事

検索

e農サーチ e農サーチとは