適正管理議論へ 和牛精液問題で農水省が検討会

 農水省は8日、和牛の受精卵や精液を海外に不正に持ち出した事例が発覚したことを受け、適正な流通管理を議論する検討会を設置することを明らかにした。有識者や畜産関係者らで構成し、初会合を15日に開く。
1 2

おすすめ記事

農政の新着記事

検索

e農サーチ e農サーチとは