復興庁 情報発信を強化 福島産の安全知って

復興庁が制作した福島の風評対策のCM(復興庁提供)

 復興庁は8日、東京電力福島第1原子力発電所事故の影響による福島の風評を払拭(ふっしょく)するため、情報発信を強化すると発表した。東日本大震災から8年を前に、農作物のPRなどをするテレビCMを全国で放送する他、福島産の農作物の安全性などを紹介するウェブサイトも開設する。多彩なメディアを通じ、親子や若い世代に福島の魅力をアピールしたい考えだ。
1 2

おすすめ記事

経済の新着記事

検索

e農サーチ e農サーチとは