低温管理にJAS 青果市場“お墨付き” 農水省

 農水省は、青果卸売市場で取り扱う商品を低温で管理する施設の整備基準や管理方法を日本農林規格(JAS)として新たに定める。商品を低温のまま消費地へ届けるコールドチェーンの整備に“お墨付き”を与え、市場経由した青果物の付加価値を高める。外気温に左右されない閉鎖型卸売場など、定温管理できる設備を持つ市場が対象。年内の制定を目指す。
1 2

おすすめ記事

農政の新着記事

検索

e農サーチ e農サーチとは