19年度事業計画 酪農家に理解求める 生乳共販を強化 中酪

 中央酪農会議は21日までに、2019年度の事業計画を決めた。生乳不足が続く中、一層の酪農生産基盤の強化を掲げた。生乳流通の自由化に向けた改正畜産経営安定法が施行から2年目を迎え、指定生乳生産者団体による共販体制の維持・強化にも取り組む。
1 2

おすすめ記事

経済の新着記事

検索

e農サーチ e農サーチとは