配合飼料850円下げ 4~6月 肉牛肥育用一部上げ 全農

 JA全農は22日、4~6月期の配合飼料供給価格を、前期(1~3月)に比べ、全国全畜種総平均で1トン当たり約850円引き下げると発表した。南米の天候回復を受けトウモロコシの価格が下落。大豆かすも米中貿易摩擦の影響などで下がった。一方、大麦の相場が上がっているため、大麦を多く使っている肉牛肥育用の一部銘柄は値上げとなる。
1 2

おすすめ記事

JAの新着記事

検索

e農サーチ e農サーチとは