ワクチン摂食6割超 回収実績を報告 愛知・岐阜県イノシシ対策

 愛知、岐阜両県は16日、野生イノシシを介した豚コレラの感染拡大を防ぐため、3月下旬に両県で始めた経口ワクチン散布の実績を明らかにした。岐阜県内は約2万4000個を回収し、うち74%に当たる1万7700個に摂食された形跡が見られた。愛知県内は2400個を回収し、うち60%に当たる1429個に摂食された形跡があった。センサーカメラによる確認実績では、両県とも設置カ所の6割でイノシシを確認した。……
1 2

おすすめ記事

地域の新着記事

検索

e農サーチ e農サーチとは