防除間に合った かんきつ産地 豪雨禍から復興へ 愛媛県宇和島市

スプリンクラーを前に復興への決意を新たにする田中さん(愛媛県宇和島市で)

 昨年の西日本豪雨で甚大な被害を受けた愛媛県宇和島市吉田町で、2019年産かんきつの防除が始まった。被災直後は復旧の見通しが立たなかったスプリンクラーは8割まで回復し、農家は「間に合ってよかった」と安堵(あんど)する。いまだに通水できない地域もあるが、全国有数のかんきつ産地が一歩ずつ復興の道を歩んでいる。

 「例年に比べて遅れはなかった。今年のミカンの状態に応じた防除ができてよかった」……
1 2

おすすめ記事

地域の新着記事

検索

e農サーチ e農サーチとは