地産地消コーディネーター 地場産学給増に貢献 ノウハウ共有が鍵 農水省調査

 学校給食と生産現場のニーズを調整し、地場農産物の利用拡大を促す「地産地消コーディネーター」が手掛けた21地区(2016~18年度)のうち、8割の17地区で地場産利用率が向上したことが農水省の調べで分かった。一方、全国の地場産利用率は18年度時点で26%。国が定める20年度目標の30%以上との差は埋まっていない。優良事例のノウハウをどこまで広められるかが課題だ。……
1 2

おすすめ記事

経済の新着記事

検索

e農サーチ e農サーチとは