貯蔵リンゴ「ふじ」果肉の褐変予測 1カ月前80%超 農研機構など新技術を開発

 農研機構食品研究部門などは、長期貯蔵して出荷するリンゴ「ふじ」の内部褐変の発生を1カ月前に高確率で予測する技術を開発した。選果場にある近赤外糖度センサーで果実の光の波長を計測し、予測する。実用化されれば、褐変の恐れがある果実は早めの出荷や加工用に仕向け、高品質な果実を市場に出荷することで産地の信頼向上が期待できる。……
 
1 2

おすすめ記事

営農の新着記事

検索

e農サーチ e農サーチとは