シャボン玉 授粉成功 ドローン活用も 果樹で北陸先端大学

梨の花に付着するシャボン玉(北陸先端科学技術大学院大学提供)

 将来的にミツバチの代わりに、シャボン玉が花粉を運ぶ──。北陸先端科学技術大学院大学の研究グループは、花粉を混ぜ込んだシャボン玉を花に吹き付け、果樹を人工授粉させることに成功した。今後、シャボン玉の発生装置を取り付けたドローン(小型無人飛行機)が全自動で園地を飛び回り授粉するといった技術への応用が期待される。

 ミツバチをはじめ花粉媒介昆虫の減少が世界的に問題となっている。さらに生産者の減少と高齢化が進む中、梵天(ぼんてん)などを使った手作業での授粉も手間と労力が課題だ。

 そこで研究グループはドローンを使った人工授粉を研究。これまで、馬の毛を貼り付けたドローンを使って、花粉を媒介する研究を行ったが、接触時に植物を傷付けるという課題があった。シャボン玉を使えば植物を傷つけないと考え、梨を使って技術開発に取り組んだ。

 初めに、花粉の働きを高めるカルシウムやシャボン玉を丈夫にする物質などを配合したシャボン液を開発。このシャボン液と花粉を混ぜ合わせ、園地でシャボン玉を梨の花に吹き付けた。すると全体の95%で実がなり、手作業で授粉作業を行った場合と同程度の着果率だった。また、一つの花に2、3個のシャボン玉が付着すれば、十分に実がなることも確かめられた。手作業で授粉させたものに比べ、実の成長スピードも変わらなかった。

 今後はシャボン玉の発生装置を取り付けたドローンによる授粉技術の開発が期待されている。開発には花の位置を正確に把握する画像認識技術や、高精度でシャボン玉を吹き付ける技術が必要と見られる。研究グループは「花粉媒介昆虫の減少や省力化といった世界的な農業問題の解決につながる」と強調する。


■この記事の「英字版」はこちらをクリックしてください。

おすすめ記事

営農の新着記事

検索

e農サーチ e農サーチとは