牛 疫 高死亡率、治療法なし

牛疫にかかった牛。膿性(のうせい)の鼻漏と激しい下痢が見られる

特 徴


 牛疫は家畜の法定伝染病で、パラミクソウイルス科モルビリウイルス属の牛疫ウイルスによって起こる牛やメン羊、ヤギ、豚など偶蹄類動物の病気だ。

 牛では感染後2~5日を経て、急に発熱し、流涎(りゅうぜん=よだれ)や鼻漏(鼻水)とともに下痢が起こる。口や胃腸などの消化器、鼻や肺などの呼吸器をはじめとする全身の粘膜が冒され、表面がただれて出血を起こす。ウイルスは唾液(だえき)や鼻汁、ふん尿、乳汁などに混ざって排出され、新たな感染を起こす。リンパ系組織にも激しい病変が観察される。

 牛疫は伝染力が強く、感染した動物の死亡率は極めて高い。かつて牛疫の流行が繰り返し起こった欧州では、18、19世紀の約180年間に約1億8000万頭の牛が死んだといわれている。
 

対 策


 治療法はない。日本での最後の発生は1922年。世界的には2001年にケニアで発生が確認されて以降、発生はなく、現在はほとんどの国が清浄国となっている。

 94年に国連食糧農業機関(FAO)によって開始された世界的牛疫根絶計画(GREP)が順調に進んでおり、11年には撲滅が宣言される予定だ。これにより、天然痘に続いて人類が根絶を達成する2つめの感染症となる。

(農研機構・動物衛生研究所細菌・寄生虫病研究チーム主任研究員 木村久美子)

・筆者の役職は当時の役職です。
・掲載日:2010/11/24

 

 

おすすめ記事

家畜疾病図鑑の新着記事

検索

e農サーチ e農サーチとは