ヒロシさん(お笑い芸人) おいしいご飯あれば幸せ

ヒロシさん

 最近、海外に行く仕事が多いんです。外国で気に入った食堂を探して入って食べるという番組も、やらせていただいています。

 海外での食事って、一食いただく分にはいいんですよ。でもそれがずっと続くと……。長い時は9日間で18食のリポートをします。僕はピザが好きでイタリアに行った時にピザを食べたのですが、なんておいしいんだと感じましたね。でも2食目、3食目になっていくと、感動は薄くなっていきます。ピザ以外の料理を食べても、基本的な味付けが似てるからどうしても飽きてくるんです。
 

海外にも米持参


 やっぱり日本が一番うまいと感じます。日本の米が大好きで米なしでは生きていけませんよ。

 僕、お酒を飲めないので食事をするといったらとにかくご飯を注文します。時々定食屋で、あんまり炊き方がうまくないなと感じることがありますけど、それでもやっぱりおいしいんです。

 僕が日本人でなじみがあるから日本の米をおいしく感じるんでしょうけど、では外国人が食べたらどう感じるんでしょうね? 抵抗感や違和感があるのかな。最初はそうでも、やがておいしいと感じるんでしょうか。僕は海外の米を食べ続けても、おいしく感じない自信がありますけど……。

 この間、フィンランドでキャンプをしてきました。ご存じの方も多いかもしれませんが、僕はキャンプが大好きで。

 ホテルで2泊、キャンプで3泊という日程。米を持って行くことにしました。本当は毎食、ご飯を食べたかったんですが、飛行機に積む荷物の重量に規制もあり、米は2食分、2合しか持って行けませんでした。キャンプ道具など結構な荷物がありますからね。

 この米をいつ炊いて食べるか。ずいぶんと考えましたね。結局、旅の3分の1と3分の2のタイミングで食べました。

 1食目は、向こうで買った牛肉を焼いておかずにしました。2食目は、日本から持って行ったインスタントみそ汁とふりかけで。これが染みましたねぇ。ずっと現地の食事を続けた中、キャンプ地でご飯を炊いて食べる。インスタントみそ汁とふりかけしかなくても、心に染みて来たんです。
 

炊き方に一工夫


 僕は、おかずにはこだわりがありません。ちょっとしょっぱい何かがあれば、それだけでご飯をおいしく食べることができます。

 好きな米は、出身地・熊本の「くまさんの輝き」です。CMをやらせていただいているので宣伝臭くなっちゃいますが、本当においしいんです。フィンランドに持って行ったのもこれです。

 家では、こんろを使ってダッチオーブンで炊いています。炊飯ジャーもあったんですけど、釜で炊くご飯の方が格段にうまいのでやめました。米を研ぐのは、ざーっと3回。炊く前によく水を吸わせるのが重要ですね。それに炊き上がり後はしっかり蒸らす。「赤子泣いてもふた取るな」といわれますけど、ふたを取らないとタイミングが分からず焦げてしまいますから、僕は取って確認します。

 小さい頃、祖母の家に住んでいた時期があり、祖母は山から切って来たまきを使い、かまどでご飯を炊いていました。かまども祖母が作ったという話です。そういう家で育ったので、こんろで炊くことを楽しみに感じています。

 おいしいご飯さえあれば幸せです。無人島に何か一つだけ持って行っていいというのなら、もちろん米を持って行きます。(聞き手=菊地武顕)

 ヒロシ 1972年、熊本県生まれ。2000年代「ヒロシです」のネタで一世を風靡(ふうび)。近年は趣味のキャンプの様子などを伝える「ヒロシちゃんねる」を配信し、ユーチューバーとしても活躍する。「迷宮グルメ異郷の駅前食堂」(BS朝日)レギュラー。近著に『働き方1・9 君も好きなことだけして生きていける』(講談社)。
 

おすすめ記事

食の履歴書の新着記事

検索

e農サーチ e農サーチとは