[岡山・JA岡山西移動編集局] 店頭PRボード 腕前は県トップ 池田支店 佐藤菜美さん

読みやすいように少ない文字で伝えることを意識し、色鮮やかに飾られたブラックボード(岡山県総社市で)

 JA岡山西池田支店の佐藤菜美さん(32)が飾るJA情報を発信するブラックボードが好評だ。色鮮やかなマーカーや小物で飾り、必要な情報を効果的にPRする。今秋にはJAバンク岡山主催のボードPRコンテストで最優秀賞を受賞。ボードで来店者との会話も増え、地域とJAをつなぐ。

 ボードはJAの全32支店に設置。信用・共済窓口の職員がボードを自作し、来店者に、ひと目見て情報が伝わるよう工夫する。

 新商品があるときなど、興味を持ってもらえるよう意識しているという佐藤さん。「目を引く色を使い、イラストを入れ文字はなるべく増やさず、読みやすさを心掛ける」と話す。

 佐藤さんは9月上旬にJA本店で開いた「JA岡山西ブラックボードPRコンテスト」で最優秀賞に選ばれ、JA代表として県のコンテストでも優勝。「ボードが会話のきっかけになり、お客さまとの触れ合いにもつながっている」という。

 JA共済連岡山が11月に開いた「自動車共済ブラックボードコンテスト」では、JA代表として総社西支店の須山友美子さんが準優勝に選ばれるなど、職員同士でも工夫し合っている。
 

おすすめ記事

JAの新着記事

検索

e農サーチ e農サーチとは