全農「ニッポンエール」 加工品輸出へ弾み 8カ国・地域で商標登録へ まず香港・中国

 JA全農は、国産農畜産物を使った加工品の輸出拡大に向け、オリジナルブランド「ニッポンエール」ロゴの商標を海外で相次いで取得している。主要な輸出先のアジアや欧州連合(EU)など8カ国・地域で商標出願を進め、今秋には香港と中国で登録が完了。完了国では早々に販売を仕掛ける。従来の生鮮品に加えて加工品も強化し、輸出拡大につなげる。

 「ニッポンエール」は、ドライフルーツや菓子、冷凍食品など、加工品を中心としたブランド。全農が産地と共同開発し、コンビニエンスストアなど全国の小売店で販売している。パッケージには「ニッポンエール」の表記を添えたロゴを付けており、海外でも同じものを登録する。

 出願は今年3月から始めた。国際条約で一括申請できる中国、韓国、タイ、EU、英国、シンガポールの6カ国・地域の他、香港、台湾で出願。香港は10月27日、中国は11月10日に登録された。その他多くの国も、手続きが順調に進めば、数カ月ほどで登録が見込めるという。

 全農によると、登録の済んだ中国、香港では既にドライフルーツなどで引き合いがある。準備が整い次第、輸出を始める。

 関連会社などを通じた全農の輸出品は現在、米、牛肉、野菜・果実などが中心。全農は「海外では日本の農畜産物と同様、その加工品も人気がある。ニッポンエールの輸出で、加工品輸出に弾みをつけたい」(営業開発部MD企画課)と説明する。

おすすめ記事

JAの新着記事

検索

e農サーチ e農サーチとは