コロナ下の対応 鍵握る信頼関係 普及指導員に全国調査 日本農業普及学会

 新型コロナウイルスの拡大で、普及指導員が活動に影響を「大いに感じた」「感じた」が9割に上ることが4日、日本農業普及学会の調査で明らかになった。同日の春季大会で報告した。同学会は「電話やメールなどでも一定の対応ができる。農業者と信頼関係を築き、普及活動を進めることが課題だ」と指摘した。……
1 2

おすすめ記事

営農の新着記事

検索

e農サーチ e農サーチとは