[大地とともに](上)農業再生 担い手の確保難航 通い続け農地保全 稼働面積増やせず 福島県大熊、双葉町

除草作業のため、田んぼを走るトラクター(福島県双葉町で)

 雑草が茂る水田をトラクターが土煙を上げて走り、アタッチメントの爪が次々と草を取り除く。東京電力福島第1原子力発電所事故によって、手付かずとなった水田が広がる福島県双葉町の沿岸部、両竹地区。将来の営農再開に向けて農地の保全作業が続く。

 地区は事故から5年後の2016年に、農地除染が完了。……
1 2

おすすめ記事

農政の新着記事

検索

e農サーチ e農サーチとは