配合飼料400円下げ 米中摩擦で円高進む 産地大雨で来期上げも 全農7~9月

 JA全農は21日、7~9月期の配合飼料の供給価格について、前期の4~6月期に比べ、全国全畜種総平均で1トン当たり約400円引き下げると発表した。シカゴ相場は上昇しているが、円高の影響で、円ベースではトウモロコシや大豆かすが値下がりしているため。だが、米国の天候不良の影響で、来期以降は値上げの可能性がある。……
1 2

おすすめ記事

経済の新着記事

検索

e農サーチ e農サーチとは