JAグループ米政策提案 作付け転換へ産地支援を

 JA全中は5日、今後の水田農業対策に関するJAグループの政策提案を決めた。2021年産米では、需給安定に向け地域の工夫で主食用米からの転換が進められるよう、パックご飯や加工、輸出などで実需と結び付いた米産地への新たな支援策などを提起した。JAだけでなく米に関わる関係者が一体で需要に応じた生産を推進できる体制づくりと支援も求めた……
1 2

おすすめ記事

JAの新着記事

検索

e農サーチ e農サーチとは