果実ドロ絶対許さん 警察と「守り隊」 福岡・JA筑前あさくら柿部会

柿部会と朝倉警察署の合同夜間パトロールの出発式(福岡県朝倉市で)

 家畜や果実などの盗難が全国的な問題となる中、JA筑前あさくら柿部会は11月から、地元の朝倉警察署と合同で果樹園の夜間パトロールを始めた。生産者、警察署がそれぞれに巡回するケースはあるが、連携して収穫前の果実の盗難防止対策に取り組む事例は珍しい。

 JA管内は全国有数の甘柿の産地。同部会では現在、生産者376人が約227ヘクタールで「富有」などを栽培。年間約3000トンを出荷している。

 JA管内では2年前、朝倉市黒川地区で収穫前の梨4500個(45万円相当)など盗難が相次いだことから「高木フルーツパトロール隊」を結成。梨生産者と同警察署の高木駐在所が連携して梨園の夜間パトロールを行ってきた。

 柿も2年ほど前から、管内の宮野地区、杷木志波地区などで収穫前の果実の盗難が相次いでおり、生産者からの要請で比良松駐在所や杷木交番が果樹園の巡回を実施。JA果樹課によると、今季は果実が例年よりも高単価で推移していることから、盗難防止対策が急務となっていた。

 柿部会との取り組みを地域全体に広げようと、朝倉警察署9カ所の駐在署員が8月に「果樹園守り隊」を結成。JAに呼び掛けて合同パトロールが実現した。現場や園内の情報に詳しい生産者と防犯のプロである警察署がタッグを組むことで、地域全体で防犯強化につなげる。

 駐在所の署員と一緒に巡回することで、不審者への対応など危機管理対策としても、高齢者が多い生産者側の大きなメリットとなる。

 5日には初パトロールに向け、JA柿部会と朝倉警察署の出発式をJA中央選果場(朝倉市)で開催。管内の果樹園を地図にして情報を共有し、「特別警戒中」のポスターを生産者に配る取り組みも展開中だ。

 合同パトロールは「富有」の収穫が終わる12月上旬まで続く予定。JA果樹課の後藤憲一課長と同警察署地域課の内田久武課長は「生産者が心を込めて育てた大切な果物を守るため、今後も警察とJAが一体となって夜間パトロールを行い、盗難防止に努めたい」と意気込む。
 

おすすめ記事

JAの新着記事

検索

e農サーチ e農サーチとは