「いい肉の日」(11月29日)国産PR 新たなスタイルで販促

国産食肉の消費を呼び掛ける「11月29日はいい肉の日」キャンペーンのポスター(全国食肉事業協同組合連合会提供)

 29日の「いい肉の日」に合わせ、和牛など国産食肉を売り込む動きが各地で活発化している。ドライブスルーでの販売会やインターネット交流サイト(SNS)を活用したプレゼントキャンペーンなど、各団体は新型コロナウイルス禍に対応した新たな形で国産の魅力をアピール。年末の最需要期に向け、消費を盛り上げていく。
 

ドライブスルーで販売会 SNS活用しプレゼント


 沖縄県や畜産団体などでつくる沖縄県産食肉等消費拡大推進協議会は11月を「県産!畜産!ま~さん!月間」と位置付け、県産食肉などの消費拡大キャンペーンを展開する。

 29日には県内でドライブスルー方式の販売会を企画。県産和牛や「あぐー豚」などのセットを特別価格で販売する。事前申込制で定員300人のところ、550人から申し込みがあるなど反響は大きかったという。事務局は「今年はおうちで県産のお肉を楽しんでほしい」と呼び掛ける。

 JA全農は公式ツイッター上で国産和牛のプレゼントキャンペーンを12月3日まで行う。運営する通販サイト「JAタウン」では、特設ページを設けてステーキや焼き肉、すき焼き用の和牛を売り込む。

 新型コロナ禍の打撃を受ける和牛などの応援につなげようと、BSテレ東が29日に予定する「肉」をテーマとした番組を一日中放送する特別企画にも全面協力し、多彩な仕掛けで国産の魅力をアピールしていく。

 全国食肉事業協同組合連合会などが企画する「肉の日」事業では、全国の小売店など約3200店舗で和牛のプレゼントキャンペーンを展開。抽選で529人にすき焼き用の黒毛和牛を贈る。

 飲食店でも、換気や手指消毒など対策を徹底した上で消費を盛り上げる動きが活発化している。焼き肉チェーンの牛角では、国産黒毛和牛のカルビを半額で提供する「いい肉の日祭り」を12月1日まで行う。同店は「外食の消費が低迷する中、おいしい和牛を食べてもらい、生産者の支援にもつなげたい」としている。
 

おすすめ記事

経済の新着記事

検索

e農サーチ e農サーチとは