系統不一致の牛23頭に 宮城の獣医師手違い 発覚後初 市場影響なし

問題発覚後、初めて開かれた子牛市場では価格や出荷数に影響はなかった(20日、宮城県美里町で)

 宮城県の獣医師が人工交配した県産和牛のDNAが父牛と一致しなかった問題で、JA全農みやぎは20日、DNAが一致しない牛が新たに6頭見つかったと明らかにした。これでDNAが一致しない牛は計23頭となった。一方、全農みやぎが運営する「みやぎ総合家畜市場」(美里町)では同日、問題発覚後初の子牛取引が開かれ、心配されていた取引価格や出荷頭数の低迷といった大きな影響はなかった。……
1 2

おすすめ記事

経済の新着記事

検索

e農サーチ e農サーチとは