基盤強化策 拡充へ 中山間、家族も対象 農水省

 農水省が、中山間地や中小・家族経営を含む幅広い生産基盤の強化に向けて、新たに「農業生産基盤強化プログラム」を近く策定することが19日、分かった。和牛や酪農の増頭・増産、中山間地の活性化などが柱。日米貿易協定の国内対策の指針となるTPP等関連政策大綱の見直し、次期食料・農業・農村基本計画にも考え方を反映させる。一部は政府がまとめる経済対策に盛り込み、2019年度補正予算や20年度予算などで財源を確保する。
1 2

おすすめ記事

農政の新着記事

検索

e農サーチ e農サーチとは