[新型コロナ] 緊急事態ついに…「営業」是か非か 悩む6次化・交流拠点

料理の仕込みに励む農家の大炊さん。葛藤した末にレストラン経営を続けることにした(7日、千葉県我孫子市で)

 7都府県で新型コロナウイルス対応の特別措置法に基づく緊急事態宣言が発令されたことを受け、農家レストランや観光農園を経営する農家から困惑の声が上がっている。食料供給を担う産地やスーパー、直売所などは基本的に営農・営業を続けるが、農家が経営する飲食店や観光牧場などについては継続するかどうか悩んでいる。既に予約の激減などで経営は大打撃を受けており、死活問題だ。最大限の対策を取りながら当面は営業を続ける農家が多いが、先行きへの不安が募っている。
 

対策重ね開店決断 千葉の農家レストラン


 7日にリニューアルオープンを迎えた千葉県我孫子市の直売所に併設した農家レストラン「旬菜厨房 米舞亭(しゅんさいちゅうぼう・まいまいてい)」。本来は地元の客や農家、市の担当者らとオープンを祝うつもりだったが、新型コロナウイルスの拡大を防ぐための対策として、一切の告知やPRをしなかった。

 緊急事態宣言後も、運営は継続する。レストランを運営する農家らでつくった「(株)あびベジ」代表で、農家の大炊三枝子さん(64)は「本当に悩んだ。農家の所得向上につながり、市民の憩いの場でもある。(密閉、密集、密接の)3密にならない環境なので、何とか粛々と運営していきたい」と見据える。

 宣言が取り沙汰された6日、今後の方針について市農政課と急きょ協議した。店舗の側面は窓を開ければ換気が全面的にできる環境であることや、市内で感染が拡大していない状況を踏まえ、継続を決めた。ただレストランの営業時間は午後3時までとし、2時間短縮する。

 店舗の近くは散歩できる広場で、地元食材を使ったレストランのメニューは市民から人気が高い。客からは経営継続に対し、「シャットアウトになれば居場所を失う人も出てくるので、ありがたい」(74歳の男性)といった声が上がる。

 3年前にオープンした直売所と農家レストラン。何とか軌道に乗ってきた矢先に新型コロナウイルス問題が浮上した。ただ、直売所の必要性は高まっていると気を引き締める。大炊さんは「食料自給を担う農家の役割、地産地消の大切さを改めて感じている」と考える。
 

子の居場所なくせない 埼玉・観光牧場


 多くの農家は、悩みながらも経営継続を見据える。乳牛、ミニ豚やウサギ、モルモットなど多数の動物を飼育し、園内店舗でジェラートやヨーグルトを販売する埼玉県上尾市の榎本牧場は、施設の大部分が屋外であることから、今後も営業は通常通り行う予定だ。店舗担当の榎本衛さん(46)は「屋内の施設のほとんどが営業を自粛している関係か、孫を連れた祖父母の来客がこれまでになく多い。牧場の観光をやめてしまうと、子どもたちの行き場がなくなってしまう」と理由を説明する。

 人が集まる体験やバーベキュー場は受付を中止している。ジェラートなどを販売する店舗では屋内に人がとどまらないように椅子を撤去したり、ドアを開放したりして換気をしている。客には手洗いを呼び掛けるなど、細心の注意を払う。

 福岡県朝倉市で観光果樹園や農家レストラン、カフェ、アップルパイの販売など6次産業化を進める櫻木啓二さん(40)も「従業員を少し減らして経営は続ける」という。平年に比べ4割売り上げが落ち込んでいる。ただ、山間部の店舗まで楽しみに来る客もいることから、「相当に悩んだが、補償がどこまであるのかも分からず、生活もあるので閉めるわけにはいかない。換気するなど基本を徹底していく」(櫻木さん)。

 キャンセルが相次ぎ、既に大きな影響が出ている農家もいる。兵庫県三田市でイチゴ農園を営む「ながしお農場」は、緊急事態宣言が明らかになった6日以降で週内の50人分の予約がキャンセルされた。永塩有代表は「イチゴを捨てるかどうかの瀬戸際だ」と途方に暮れる。
 

資金の支援国は迅速に 神奈川・農家カフェ


 神奈川県南足柄市の農家カフェ「Raku」は今後数日間は経営を続けるが、その後は未定だという。代表の和田裕さん(46)は「朝起きると日々悪い方に向かっている。どうしたらいいか、ぼうぜんとしている」と、力なく話す。

 自粛が呼び掛けられる中、「営業しなくても家賃はあるし、働いている従業員の給料も確保しないといけない。きょうやあすといった、今を持たせる資金が必要だ」と葛藤する。店を閉めることもままならない状態だ。政府には支援対策の迅速な実行を求めている。
 

おすすめ記事

新型コロナの新着記事

検索

e農サーチ e農サーチとは