被災地支える女性 心癒やす食のパワー ノンフィクション作家 島村菜津

島村菜津氏

 熊本県人吉市。雄大な球磨川のほとりに築120年の古民家を移築した農家レストラン「ひまわり亭」がある。そこで食と農村のツーリズムについて小さな講演会を催したのが今年の2月3日。ちょうど5カ月後、報道番組を通じて目の当たりにしたのは、豪雨で氾濫する、あの川の姿だった。流域での犠牲者は60人、行方不明者は17人に上った。
 

炊き出しに奔走


 「ひまわり亭」の主人、本田節さんに連絡をした。店は2メートルに達する泥水に浸かったが、台所の泥を4日中に片付け、その翌日から炊き出しを始めたと聞いたからだ。

 節さんは農家に生まれ、JAに勤務。過疎化が進む地域を元気にしたいと、地元のお母さんたちが作る地産地消の食堂「ひまわり亭」を1998年に開業、やがて人吉を代表する人気店となった。その後も球磨川流域を盛り上げるため、店を拠点に28軒の農家民宿との連携に取り組んできた。

 「当初、夫は炊き出しに反対してね。私、土下座してお願いした。地域のために食堂をやってきて、今、動かなかったら一生後悔すると思って」電話口で節さんが言う。

 旦那さんが止めたのは、自らの店も被災したからだけではない。節さんは37歳で乳がんを患い、放射線治療と食養生で克服した経緯を持つ。65歳には見えないほど若々しく、エネルギッシュな節さんだが、無理をしないかと案じたのだ。しかし、結果的に夫が折れ、「やるんだったら2カ月は続けろよ」と、背中を押してくれた。

 コロナ禍で、避難所に人が集まる状況ではない。また、家屋の多くは1階が浸水し、被災者は2階で台所のない生活を送っていた。そこで、節さんはキッチンカーで被災地域を1軒ずつ訪問し、温かいみそ汁と弁当を届けて回った。

 「毎日、これが食というものの力だな、という体験をさせてもらった。普段は弱音など吐かない地域リーダーのおっちゃんが温かいみそ汁を飲んで涙を流す。優しい顔になるのよ」
 

助け合い広がる


 節さんは毎日200~300食、2カ月余りで5000食以上を届けた。収入もない中、食材の調達すらおぼつかなかったはずだ。活動を続けられたのは、地域の農家らが無償で野菜を提供してくれたからだ。炊き出しの模様が記事で紹介されると、朝、店の前に野菜が置いてあったり、全国の農家から米が届いたりした。料理の手伝いに、ボランティアの女性たちも駆け付けた。

 「球磨川は命の源だから、あれほどの洪水があっても誰も川が憎いとは言わない。災害を経ても、ここに生きていくという女性の力が地域を支える」と、節さんは言う。その話を聞き、見えないウイルスと災害報道の悲壮さにばかりとらわれていた心の霧が晴れるような思いがした。いざという時、命の糧をそっと差し出せる農村の真の豊かさ、黙って動く女たちの協同の心に打たれた。

 節さんが声を弾ませた。「食というものを大事にしてきた地域の女たちの力が動きだすと、すごいよ」

 しまむら・なつ 1963年、福岡県生まれ。東京芸術大学卒。ノンフィクション作家、イタリアのスローフード運動を日本に紹介した先駆者。『スローフードな人生』『スローな未来へ』など著書多数。

おすすめ記事

論点の新着記事

検索

e農サーチ e農サーチとは