ベトナム人を直接雇用 正職員1人、作業員2人 JAゆうき青森

乙部組合長(左から2人目)から辞令を受け激励されるグエンさん(左)、ヴーさん(右から2人目)、ハさん(青森県東北町で)

 青森県のJAゆうき青森は、ベトナム人3人を同JAでは初の職員として雇用した。雇用したのは正職員1人と作業員2人。いずれも日本人職員の高齢化に伴い、次世代の職員として知識や技術の継承を担う。3人はJA所有の寮「耕心館」で、外国人技能実習生ら18人と共同生活を送りながら、酪農振興センターで乳用雌子牛の育成や飼養管理、草地管理の業務を行う。

 正職員として雇用されるのはヴー・ディン・ザンさん(24)。……
1 2

おすすめ記事

JAの新着記事

検索

e農サーチ e農サーチとは