21年産麦 供給過剰に 需要拡大が課題 農水省・食糧部会

 農水省は26日、2021年産の国内産麦の需給状況を示した。小麦について、生産者の販売予定数量は86万4000トンで実需者の購入希望数量を5万トン以上上回る。大麦・裸麦でも販売予定数量が購入希望数量を上回る。国産麦は豊作傾向で余剰感が課題となっており、同日の食料・農業・農村政策審議会食糧部会では、国内麦の需要拡大が課題に挙がった。

 小麦の販売予定数量が、購入希望数量を上回るのは6年ぶり。……
1 2

おすすめ記事

農政の新着記事

検索

e農サーチ e農サーチとは