酪農ヘルパーに外国人材 「特定技能」 派遣で実証 北海道

 北海道は、在留資格「特定技能」を取得した外国人を酪農ヘルパー利用組合に派遣する全国初の実証試験を始める。日替わりで複数の酪農家を回るヘルパーが特定技能の仕事にふさわしいかを見極め、適正な受け入れを道農政部とJA北海道中央会が探る。労務管理や、外国人材の技術・知識の向上につなげながら、酪農ヘルパーの人手不足対策としたい考えだ。(尾原浩子)

 道中央会によると、特定技能の外国人が酪農ヘルパーになるのは全国に例がない。……
1 2

おすすめ記事

農政の新着記事

検索

e農サーチ e農サーチとは