日本農業新聞の記事・写真利用ご希望の方へ

 株式会社日本農業新聞が著作権を有する著作物(記事、写真、イラスト、図表など)を「私的使用のための複製」や「学校等の教育機関での利用」「引用」などの著作権法で認められている範囲を超えて利用する際には、当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。
 インターネット上への転載などは、個人が非営利目的で行う場合でも、著作権法上の「私的使用」には当たらないので許諾が必要となります。社内ネットワークやLAN(構内情報通信網)への転載などについても同様です。
 お申し込み方法については、下記の1~3をご覧ください。なお、JAからの申し込み方法等は異なりますので、お問い合わせください。

 

1.記事などの利用について

2.企業などの「クリッピング」について

3.写真の利用「あぐりフォトサービス」について

   

 著作権についての基本的な考え方は、一般社団法人日本新聞協会の下記の見解に準じています。

   

 20部までの一時的な内部利用コピーに関しては、当社は日本新聞協会加盟の多くの新聞社で構成する新聞著作権協議会を通じ公益社団法人日本複製権センターに権利行使を委託しています。詳しくは同センターのホームページ(http://www.jrrc.or.jp)をご覧いただき、お問い合わせください。なお、一時的な内部利用コピーであっても、21部以上のコピーについては、当社の許諾が必要となります。


おすすめ記事

検索

e農サーチ e農サーチとは