農地バンク 協力金見直しを提言 飼料米助成引き下げ 財政審

 財務省の審議会が16日、農地中間管理機構(農地集積バンク)と飼料用米の助成の見直しを提言した。機構への農地の出し手側に支払う協力金では、個々の出し手ではなく、まとまった農地を貸し付ける地域への重点支援を提起。飼料用米の助成水準の実質的な引き下げも求めた。農地は、個々の出し手も含めた地域の合意形成をどう支援するか、丁寧な議論が必要。飼料用米の助成では、見直し間もない米の生産調整を軌道に乗せるためにも転作を安定支援することが不可欠となる。
1 2

おすすめ記事

農政の新着記事

検索

e農サーチ e農サーチとは