全農 カナダに輸出施設 飼料穀物 安定調達へ

 JA全農は13日、カナダに合弁会社を設立し、日本向けに飼料用の大麦などの穀物を輸出する施設を建設・運営すると発表した。全農は、同国の内陸部に穀物の集荷施設も整備中。輸出施設の完成で、同国からの飼料穀物の安定調達に向けた供給ルートが整うことになる。施設は2020年12月の完成を見込む。
1 2

おすすめ記事

JAの新着記事

検索

e農サーチ e農サーチとは