12月生乳0・4%減 北海道産伸び悩む

 中央酪農会議がまとめた12月の指定団体の生乳受託乳量(生産量)は、前年同月より0・4%減の58万174トンとなり、4カ月連続で前年を割り込んだ。都府県の減産に加えて、主力の北海道産も伸び悩んだ。
1 2

おすすめ記事

経済の新着記事

検索

e農サーチ e農サーチとは