「なつぞら」 北の酪農ヒストリー 第9回「北海道バター事始め」(下)~異国の味、消費者はそっぽ

NHK連続テレビ小説「なつぞら」場面写真 (C)NHK

 酪農民の悲願だった北海道製酪販売組合は設立の翌1926(大正15年)、北海道一円を事業区域とする北海道製酪販売組合連合会(酪連)となります。しかし、バターはまだまだ市民になじみが薄く、売れ行きは芳しいものではありませんでした。東京のデパートでバターを無料で配っても、誰も持って行かなかったという記録も残っています。

 酪連専務の黒澤酉蔵は、足を棒にして得意先を一軒一軒開拓して歩きました。こうした地道な努力の結果、酪連は創業10年後に道内に製酪工場を18工場も稼働させる発展を遂げます。バターという新しい市場の拡大は飲用(牛乳)や練乳以外の需要を生み出すイノベーションで、北海道に酪農が普及することを意味しました。彼らは良質なバターづくり一筋に努力を重ね、商標の「雪印」は次第に全国に知られるようになりました。
雪印商標(「雪印乳業社史」第一巻から)
雪印商標(「雪印乳業社史」第一巻から)


 商標は26年に考案したものです。佐藤貢(雪印乳業初代社長)と酪連創業時から営業の先頭に立った瀬尾俊三(同2代目社長)は黒澤から商標づくりを任され、北海道庁立高等女学校(今の札幌北高校)に通っていた瀬尾の妹の教科書から雪の結晶のヒントを得ました。図案に北極星を加え、最初は「雪星印」にしようとしましたが、語呂が良くないのと、すでに「星印バター」があったので「雪印」とします。北海道発祥と清潔さを表すネーミングがぴたりとはまりました。

 雪の結晶は佐藤と瀬尾の母校・札幌一中(今の札幌南高校)の校章にも使われていました。また、練乳会社を経営していた河井茂樹の持つ「金章印」も雪の結晶に似ており、後年問題が発生しないようにと酪連がこれを買いとったと、雪印乳業社史第一巻に記されています。
酪連発祥の地の石碑。場所は今の雪印種苗本社裏(札幌市厚別区上野幌)
酪連発祥の地の石碑。場所は今の雪印種苗本社裏(札幌市厚別区上野幌)


 ちなみに、河井の父は森源三といい、司馬遼太郎作『峠』の主人公・河井継之助の部下です。北越戊辰戦争に敗れた後、開拓使に入り、のちに札幌農学校第2代校長となります。次男の茂樹は再興が許された河井家の婿嗣子となり、札幌農学校卒業後、米国留学を経て練乳場を経営しました。長兄の森廣は有島武郎と札幌農学校の同級生で、『或る女』のモデルになった人物です。彼が米国から持ち帰ったポプラの苗木は、のちに北海道大学名物のポプラ並木となりました。(農業ジャーナリスト・神奈川透)
 
★農業高校生 応援プロジェクト『なつぞら』特設ページはこちら★

おすすめ記事

検索

e農サーチ e農サーチとは