19年産米 JA概算金 東北中心に小幅上げ 集荷積み増しを意識

 JA全農県本部や経済連が単位JAに提示する2019年産米の「JA概算金」が出そろった。東北地方を中心に小幅上げの設定が目立ち、主力銘柄は前年産に比べて1等60キロ当たりで200円程度上げた。生産者所得の確保や集荷の積み上げを意識したとみられる。ただ、米の需給環境に不透明感がある中で、堅調な米価が販売段階まで浸透するかが焦点となる。…
1 2

おすすめ記事

JAの新着記事

検索

e農サーチ e農サーチとは