米から園芸品目へ 500産地を優先支援 農水省 交付金や基盤整備

 農水省は、水稲から園芸品目に転換する産地の育成に乗り出した。主食用米より高い収益が見込める品目を導入・拡大する計画を立てた産地を対象に、交付金や基盤整備、機械導入などの支援策を優先的に講じる。計画達成を後押しするため、地域段階のサポート体制も強化する。2025年度までに500カ所を育成する目標を設定しており、20年度から支援を本格化させる。

 支援対象は地域農業再生協議会や市町村、JAなどが策定する「水田農業高収益化推進計画」に位置付けられた産地。……
1 2

おすすめ記事

農政の新着記事

検索

e農サーチ e農サーチとは