トマトと菊 接ぎ木!? 接着剤は「酵素」 科を超えて 台木にタバコ 名大など仕組みを解明

 名古屋大学などの研究チームは、ナス科タバコ属の植物がマメ科やキク科など科の異なる植物と接ぎ木でき、その要因として“接着剤”の役割を果たす酵素が関係していることを発見した。耐病性の高い台木にトマトなどを接ぐことができるようになる研究成果で、米国科学誌「サイエンス」に掲載された。

 名古屋大学と同大学発のベンチャー企業の他、帝京大学、理化学研究所、中部大学の共同研究。接ぎ木は少なくとも2000年以上前から農業で果菜類を中心に使われてきたが、同じ科の植物同士でしか成立しないと考えられ、仕組みは未解明だった。

 研究チームは、ナス科タバコ属の植物・ベンサミアナタバコなどと、マメ科やキク科など異なる科の植物でも接ぎ木ができることを発見。タバコ属の植物を中間台木にして、トマトの穂木と菊の台木を接ぎ木することにも成功した。

 ベンサミアナタバコなど7種のタバコ属の植物を試すと、38科73種で接ぎ木ができた。

 接ぎ木接合部分のタンパク質を調べたところ、酵素の一種「β―1,4―グルカナーゼ」が多く生成されていた。この酵素の生成を抑えた接ぎ木では、同じ植物同士でも成功率が低下した。遺伝子を突き止めて酵素を過剰に生成させたところ、成功率が高まった。

 今後は、耐病性が高いなど有益な特徴がある台木を、植物の科を超えて接ぎ木できる技術の確立を目指す。乾燥、塩害がある土壌や、病害土壌でも低農薬で栽培できる作物の作成などを通し、食料問題や食の安全への寄与も期待される。

 名古屋大学の野田口理孝准教授は、「ナス科だけでもトマトやピーマン、ナスなど、さまざまな作物や品種があり、これまで難しかった品種同士の接ぎ木ができるだけでも、栽培の可能性を大きく広げられる」と話す。

おすすめ記事

営農の新着記事

検索

e農サーチ e農サーチとは