密苗×ペースト肥料で省力 石川・ぶった農産

 石川県野々市市の農業生産法人ぶった農産は、稲の田植えで密苗と液状のペースト肥料を組み合わせる技術により省力化を目指している。肥料メーカーの片倉コープアグリと共同で実証したぺースト肥料は、粒状肥料と比べて肥料を補給する労力を減らし、作業時間を削減。雨でも作業できる上、温暖化による高温でも肥効のむらが出にくかった。
 

補給短縮 温暖化に対応


 密苗は苗箱1枚当たりにまく種の量を増やし、田植えに必要な苗箱を半減させる技術……
1 2

おすすめ記事

営農の新着記事

検索

e農サーチ e農サーチとは