就農支援事業減額 「はしご外された」 現場に不安、不信、憤り 

桃の生育状況を確認する桑原さん(左)と吉備さん。「はしごを外された思い」と不安を抱く(岡山市で)

“頼みの綱”が・・・ 研修計画に支障 


 新規就農者を支援する「農業次世代人材投資事業」の予算が昨年度から1割以上減額したことで、自治体や新規就農者から「はしごを外された」などと憤りの声が広がっている。事業は新規就農者にとって貴重な資金だっただけに、農政への不信感につながるとして自治体は補正予算などで確保を求める。一方、農水省は「限られた予算。さらに必要な人を見極めて交付してほしい」と呼び掛けている。
1 2

おすすめ記事

農政の新着記事

検索

e農サーチ e農サーチとは