遺伝資源保護で衆院委 畜産2法案を可決 違法物阻止へ制度 アフリカ豚熱付帯決議

 衆院農林水産委員会は31日、家畜遺伝資源の不正流通を防ぐことを目的にした新法の家畜遺伝資源の不正競争防止法案と家畜改良増殖法改正案を審議、採決し、全会一致で可決した。畜産に影響を与えるアフリカ豚熱の侵入を防ぐため、輸入禁止畜産物の所持者の入国を阻止する制度を早急に検討することなどを盛り込んだ付帯決議も全会一致で採択した。

 付帯決議では、国が主導的に精液・受精卵の流通を管理する仕組みの構築を推進することも要望。……
1 2

おすすめ記事

農政の新着記事

検索

e農サーチ e農サーチとは