〈畜産局〉が復活するかもしれない

 〈畜産局〉が復活するかもしれない。農水省が来年度予算案と併せ要求している。生産局の畜産部を格上げする▼「名は体を表す」という。この説に従えば何ら不思議ではない。日本農業の稼ぎ頭は今や、どころか20年ほど前から畜産だ。9兆円余りの農業総産出額の3分の1、3兆2000億円に上る(2018年)。ちなみに米は1兆7000億円▼旧畜産局は01年の省庁再編の際、新設の生産局に吸収。2年後、家畜衛生や検疫部署が消費・安全局に移った。「産業振興とリスク管理を分離する」との触れ込みだった。これ以降、過去最悪の口蹄疫(こうていえき)に加え、鳥インフルエンザ、豚熱などが頻発する。農業者は家畜感染症という目に見えない重大リスクにさらされている。畜産行政が効果的に機能しているか、併せて検証してほしい▼好調の畜産産出額を引っ張ってきたのは和牛肉。訪日外国人が大きく貢献したのは言うまでもない。コロナウイルス禍で消失し、試練が続く。コロナ第3波の行方も気掛かりだ。明るいニュースもある。11月の枝肉相場が1年5カ月ぶりに前年を上回った。あす「肉の日」。いい(11)の形容詞も付く。牛肉はこれから最需要期に入る▼「GoTo」キャンペーンの旅行を断念した人には「おうちで牛肉」を奮発してほしい。
 

おすすめ記事

四季の新着記事

検索

e農サーチ e農サーチとは