黒星病からリンゴ守れ 気象条件で予察 感染“警報”配信 青森・山形 実証スタート

 青森、山形の両県で情報通信技術(ICT)を使ったリンゴ黒星病の新たな防除対策の研究・実証が始まった。気象観測装置を設置し、リンゴ黒星病に感染しやすい条件になると、農家などに情報を配信するシステムだ。東北ではリンゴ黒星病の感染が急激に広がり、防除コスト増が課題となっている。両県はそれぞれ、気象観測装置での予察と予防剤との組み合わせで、黒星病の発生を防ぐ考えだ。
1 2

おすすめ記事

営農の新着記事

検索

e農サーチ e農サーチとは