豚枝肉 高値圏も伸び悩み 天候不順で消費低調

 3連休(13~15日)明けで相場上昇が期待された豚枝肉相場が16日、伸び悩んだ。東京食肉市場の上物は1キロ648円で、前営業日比2円高とほぼ横ばい。天候不順による消費不振や、スーパーが輸入品の販促を強化した影響で「国産の荷動きが悪かった」(東京都内の仲卸業者)。一方で、豚流行性下痢(PED)の発生が長引いて国産の品薄感があり、相場はようやく高値圏を維持している状況。今後は、学校給食需要が落ち着き引き合いが一段と弱まるため、軟調の見通しだ。……
1 2

おすすめ記事

経済の新着記事

検索

e農サーチ e農サーチとは