米先物取引 是非判断へ 農水省

 試験上場の期限が迫る米の先物取引を巡り、農水省は17日、運営する大阪堂島商品取引所からの本上場の申請を受理した。今後、本上場の是非を巡る議論が本格化する。同省は期限となる8月7日までに、本上場を認可するかどうかを判断する。ただ、直近の取引量は大きく低迷しており、本上場の認可基準を満たすとは言い難い状況だ。……
1 2

おすすめ記事

経済の新着記事

検索

e農サーチ e農サーチとは