豚コレラ対策で農水省 イノシシ対策強化 防疫協議、毎日開催へ

 農水省は17日、豚コレラ感染地域が関東にも拡大してきたことを受け、まん延防止対策を強化することを決めた。拡大要因となってる野生イノシシの検査体制を充実させ、早期発見を目指す。韓国でアフリカ豚コレラが発生したことを受け、飼養衛生管理基準の徹底を改めて促す方針。江藤拓農相は、より迅速に対応するため防疫対策本部を今後毎日開くことを決めた。
1 2

おすすめ記事

農政の新着記事

検索

e農サーチ e農サーチとは