除草器具用途広く ホウレンソウ、ゴボウも 福岡の農家熊手を改造

「ホウキング3号」で除草を試す古野さん(福岡県桂川町で)

 福岡県桂川町の農家・古野隆雄さん(69)が、除草用の道具「ホウキング3号」を考案した。歯が針金製の熊手を改造したもので、畝の上で引くと雑草だけを根ごと抜ける。従来機を改良。ホウレンソウやゴボウ畑でも使えるようにした。他の草の芽が地表に出る前に取り除ける。古野さんが種まき10日後のホウレンソウで試すと、約9割の雑草を退治できた。2000円で自作できる。

 「ホウキング」は熊手からばね鋼の針金を切り取り、木材と組み合わせて作る。雑草の根は作物よりも細く浅く張るため、針金の先で土をひっかくだけで取り除ける。作物は針金の間をすり抜け、傷まない。

 従来機はホウレンソウやゴボウだと、雑草に比べて出芽や生育が遅いため、キンポウゲなど早く成長する草相手では取りこぼしが起きていた。作物も抜いてしまう課題もあった。

 新型は、従来より1ミリ細い直径2ミリの針金の熊手を使用。角材に四つの穴を開け熊手の針金を通し、くぎで留める。この角材を八つ作り、同機の軸になる長板に固定する。計32本の針金で除草できる構造にした。針金は細いアルミパイプやホースで固定し揺れを最小限に抑える。

 複数の細い針金が地中に入り込むため、従来より深い位置の雑草も抜ける。根が張った雑草も取り除けるようにした。一方で作物は抜けにくくなる。

 古野さんは効果的な使い方について「雑草の生育状況をこまめに観察し、土中で雑草が発芽した時点で除草することが重要」と話す。

 今後、新型はハウス栽培の白ネギで株間除草試験を進める。既に一定の成果を確認した。ネギも雑草に比べ初期生育が遅く、従来機では株間除草が困難だった。19年は雑草の取りこぼしが発生。手作業で2週間かけて除草する手間がかかった。

 古野さんは「除草に負担がかかる有機栽培では大きな成果だ」と話す。今後、ニンジンやシュンギクなどでも試験。安定して除草できる品目を増やす。「あらゆる農家の役に立つ技術にしていきたい」と意気込む。


動画が正しい表示でご覧になれない場合は下記をクリックしてください。
https://www.youtube.com/watch?v=DJDKQETwSow 

おすすめ記事

動画ニュースの新着記事

検索

e農サーチ e農サーチとは