JAグループ×ふるさとチョイス メロンなど当たる コラボ第2弾

 JAグループとふるさと納税サイト「ふるさとチョイス」運営会社が連携するキャンペーンの第2弾が2日、始まった。国産牛、果実、花き、乳製品を選んでふるさと納税に寄付すると、抽選でメロンや乳製品のセットが1000人に当たる。農産物を返礼品とする自治体への寄付を促し、消費拡大に結び付ける。

 JAグループとふるさとチョイスを運営するトラストバンクは5月から共同企画を実施。新型コロナウイルスの影響で需要が落ち込む農畜産物の消費拡大を後押しする。第1弾は指定の牛肉を返礼品に選ぶと、抽選で国産ステーキ肉が当たるキャンペーンを実施した。5月上旬は前年同期比で2倍の寄付が集まった。

 第2弾は6月22日まで。賞品は山形県産のメロン詰め合わせか協同乳業乳製品セット。指定の返礼品を選んで寄付し、専用ページから登録して応募する。
 

おすすめ記事

JAの新着記事

検索

e農サーチ e農サーチとは