わらつと納豆作ろう 農家から原料仕入れ 「収入の一助に」 長野県飯島町 加工・販売企業

「笑つと納豆手作りキット」とわらつとを手にPRする同社スタッフ(長野県飯島町で)

 長野県飯島町でわら細工の加工・販売をしている「未来いいじま」は、わらつと納豆を手作りできるキットを販売している。原料のわらは同町や周辺市町村の農家から買い上げたものと、同社で栽培したわらを使用。商品の販売を皮切りにわらの新たな販路を模索し、農家の副収入としてのわらの需要拡大を目指す。

 同社では農家から稲わらを1キロ当たり25~70円で買い取り、米俵や大相撲で使う土俵などに加工し、販売をしている。だが、用途は限られており、需要の底上げを模索していた。

 キットは同町の小学生が発案。2019年3月に町内の道の駅でテスト販売すると大人気で、1日で39セット が売れた。手応えを感じ、今年の7月10日に正式に発売した。

 キットには、わらつとが2本と、県産の大豆「ナカセンナリ」が60グラム入っている。納豆の発酵に必要な温度を保つための使い切りカイロ2個、納豆作りの手引書も含まれる。煮沸消毒したわらつとに蒸した大豆を詰めて、40~60度で18~20時間ほど保温すると完成する。

 大豆の仕入れには長野市の納豆メーカーが協力した。わらつとを束ねる作業や、袋詰めは箕輪町の障害者施設に委託。「農家や障害者、地域の人が笑顔になる」という思いと、わらつとをかけ、商品名は「笑(わら)つと納豆手作りキット」と名付けた。

 駒ケ根市の日帰り温泉施設「こまくさの湯」で販売する他、同社が電話で注文を受け付けている。供給体制が整えば、県内の道の駅やインターネットでの販売も考えている。

 同社の藁(わら)細工製造本部長の酒井裕司さん(45)は「農家の収入の一助となり、もうかる農業につなげることで、地域の農地を守っていきたい」と強調。「夏休みの自由研究にもぴったりだと思う。将来的には年間10万セット を目標に全国で売り出したい」と意気込む。

 1セット 1100円。問い合わせと注文は同社、(電)0265(86)6600。
 

動画が正しい表示でご覧になれない場合は下記をクリックしてください。
https://www.youtube.com/watch?v=MNsg9pp7pv0   

おすすめ記事

動画ニュースの新着記事

検索

e農サーチ e農サーチとは