[あんぐる] 手仕事いちずに 能登志賀ころ柿(石川県志賀町)

手間と時間をかけて加工する「能登志賀ころ柿」。割った竹で作った棚に糸で2玉ずつつるし自然乾燥させる(石川県志賀町で)

 能登半島の中央部にある石川県志賀町で、伝統の干し柿「能登志賀ころ柿」の加工が盛りを迎えた。「食べる芸術品」と例えられるあめ色で緻密な果肉の干し柿は、農家の惜しみない手間と地域固有の海陸風が生み出す。産地は今、地理的表示(GI)保護制度登録の追い風も受け、活気づいている。

 「能登志賀ころ柿」は、2016年にGIに登録された。地元のJA志賀とJAころ柿部会が工程や出荷規格を厳格に管理し、確認できたものだけをこの名前で出荷している。

 原料に使う柿の品種は「最勝」。100年以上前に地域の農家が干し柿に向く系統を「西条」から選抜した品種だ。糖度が高く、果頂部がとがった形で、やや小ぶりなサイズは、同地の干し柿作りの最大の特徴である入念な手もみ作業に適している。

 手もみは、皮をむき硫黄薫蒸を経て自然乾燥した後に、一玉ずつ農家が手作業で果肉をもんで繊維をほぐす作業。もむほどに果汁が出て、それをじっくりと乾燥させる工程を繰り返し、和菓子のようかんのような滑らかで、きめ細かい干し柿に仕上げる。

 JA営農部の土田茂樹担い手支援室長は「徹底した手もみや、繊細な温度管理など、農家の手が柿を芸術品に変えます」と胸を張る。

 

加工時期の11月になると、農家の作業場にオレンジのカーテンが現れる
 干し柿作りは、稲作地帯の同地で農家の冬の手仕事として始まり、1932年に販売用の生産が本格化した。92年に7万ケース(1ケース=約1キロ)まで増えたが、高齢化が進み2014年には3万ケースまで減少した。

 産地再生の一手として、JAや生産者が選んだのがGIだ。登録による知名度アップなどで、取引価格が1割ほど上昇。部会員や生産面積も増加に転じ、現在は130人の部会員が86ヘクタールで生産。昨年は4万2500ケースを「能登志賀ころ柿」として出荷した。

 部会長の新明侃二さん(76)は「GIの登録は、生産者に地域の象徴をつくっているというプライドを生んだ。それが数字に表れたのでしょう」と笑顔を見せる。(染谷臨太郎)

「あんぐる」の写真(全5枚)は日本農業新聞の紙面とデータベースでご覧になれます
 

おすすめ記事

あんぐるの新着記事

検索

e農サーチ e農サーチとは