[未来人材] 26歳。父親倒れUターン 園芸、稲作複合経営 地域に恩返ししたい 山形県酒田市 早坂聖人さん

「地域に少しでも貢献したいと話す」早坂さん(山形県酒田市で)

 山形県酒田市の早坂聖人(なおと)さん(26)は5年前に首都圏からUターン就農し、花きやメロン、稲作など複合経営を展開している。地域での支え合いが強く残る風土で、農業について学び、経験を積んできた。現在は担い手として規模拡大にも意欲を燃やしており、今まで支えられた分を“支え返す”日々を送っている。

 早坂さんは高校卒業後に企業に就職し、コンクリート関連の仕事をしてきた。だが5年前の冬、転勤で埼玉県内の事務所で働いていた時に、父親が倒れたとの連絡を受けた。長男ということもあり「いつかは帰らないといけない」と思っていたので、迷わず帰郷を決意した。

 生まれ育った同市浜中地区は、地域全体で支え合いながら農作業や子育てをする暮らしが、今も息づく。必要な農機具を融通し合ったり、早坂さんも子どもの頃から近所の住民に面倒を見てもらったりしてきたという。

 就農後は父親を助けながら、ストックやメロン、水稲を栽培していた。しかし当初は、農業の知識は少なかった。支えてくれたのは地域の仲間だった。

 冬場はストックの栽培が盛んだが、消毒のタイミングなど、まだまだ分からないことの方が多い。疑問点があると、地区内の栽培農家と頻繁に連絡を取り合う。「上下関係が少ないこともあり、先輩農家にも連絡を取りやすい」(早坂さん)。協力しながら作る「庄内のストック」は、市場でも高い評価を得ている。

 就農から5年、早坂さんは地区の若手農家で組織する「浜中青年の会」の一員として活動している。栽培に欠かせないビニールハウス設置や堆肥散布などを手伝い、「地域に少しでも貢献したい」と話す。

 規模拡大にも意欲を燃やしている。夏場はメロンと水稲約11ヘクタールを栽培しているが、今後は稲作を増やす考えだ。

 園芸とは違うスケール感の大きさに魅力を感じており、コンバインや田植え機といった稲作ならではの農機を操るのも楽しいという。「農地を頼まれることも増えるかもしれない。地域の人と協力しながら農業を守っていきたい」と話す。
 

農のひととき


 「何時間運転しても苦にならない」ほどの車好き。自慢の車で東京都や埼玉県まで半日ほどかけて、かつての会社の仲間に会いに行き、思い出話に花を咲かせることも多かった。ただ、今年は新型コロナウイルスの影響もあり機会は減少。「気軽にお酒を酌み交わすことができないのは残念。状況が落ち着いたらまた出掛けたい」と話す。
 

おすすめ記事

若者力の新着記事

検索

e農サーチ e農サーチとは